むぉむぉと蒸し暑い日が続く。
お陰で休みの日にも早起き!と、前向きに考える。

それはさておき、先日素晴らしい仲間がいる事が発覚した。
その日出向先の食堂で残ったご飯を頂ける事になり喜び勇んでパックを受け取る。
以前お伝えしたが家には炊飯器が無い。
置く場所も無いしあえて買う必要も無い。
なのでご飯は必要な分だけお鍋で煮る。

そんな話を受け取りながらすると手渡してくれた社員の方(女性)が
「家も無いんですよ。置く場所無くて。。。」
ぬおぉっ!友を発見?!こんな所で奇遇な話だ。

そんな彼女は、とてもキュートな方だ。
不意にお互いの年齢の話になった時、聞いてきた彼女が、
「実は自分の年齢がわからないんですよ。」
と、不思議なカミングアウト。
正しくは、
「今年の自分はいくつになるんだっけ?」
と、一度考えなければ思い出せないそうだ。
しかも思い出した年齢が正しいのかどうかは興味が無いため漠然とする、そういったところのようだ。
そういえば、私も年齢を気にしていないので
「あれ?今いくつだっけ?」
と不詳になった事があった覚えがある。
彼女とは、何かしら似たような価値観があるのかも知れない。

私はあまり年齢や年代で人を判断する事をしない。
10代でしっかりと自分の意見を持っている人もいれば、40代、50代で自己責任を負えない人もいる。
年齢や年代は、あくまでも何かしらの判断基準であって、やはり一人一人のモラルや考え方が重要であると思う。
10代で、お化粧をガッツリしている女の子を見ると、
素肌が綺麗な年頃なのにもったいないな、と思う事はあるけれど。。。。